任天堂の売上がすごいという事でそのうちどれくらいがお父さんの財布から上がってるんだろうか?(笑)

もはや、花札を売っていた頃や、ファミコンの時から比べたらもう桁が面白い事になってきました。

 

任天堂さんカッケー

 

京都新聞の情報によると、任天堂が1兆200億円の売上だそうです。

とは言っても、売上業績予想で、しかも連結での計算みたいですけどね。

それでもすごい。

 

いやもう兆っていう言葉、海外とかも含めるとよく聞く話になってきましたね。

 

ただ、任天堂がそうなっているとは思いませんでした。

 

といいつつ、任天堂スイッチ買っちゃいましたけど。

 

はい。そうです。息子の為に買いました。

 

この兆の中に3万前後は私も貢献したということです。

 

それにしても、この任天堂ってすごいですね。今までにいろんなゲーム機出してきましたが全部が当たってるわけじゃなくて、さんざんな状態になったハードもあった中でこうなったというのがすごいです。

 

ゲームソフトもゲーム機本体も、そしてキャラクターも人気になっているという事で、もう無敵じゃないかなと言うかんじではありますよね。

 

個人的には、スイッチのコントローラーとかにものすごい不満はありましたけど・・・

 

スーファミとかの時代の様に●●ボタンっていう名称でそれぞれのボタンの事をなんて言っていいかわからないのがちょっとアレでした。

 

ちなみに、任天堂っていろんな関係会社があるみたいで、公式サイトによると、

任天堂販売株式会社
エヌディーキューブ株式会社
マリオクラブ株式会社
任天堂ネットワークサービス株式会社
1-UPスタジオ株式会社
株式会社モノリスソフト
株式会社ポケモン
株式会社ワープスター
Nintendo of America Inc.(アメリカ合衆国)
Nintendo of Canada Ltd. (カナダ)
Nintendo of Europe GmbH (ドイツ)
Nintendo France S.A.R.L. (フランス)
Nintendo Benelux B.V. (オランダ)
Nintendo Ibérica, S.A. (スペイン)
Nintendo Australia Pty Limited (オーストラリア)
韓国任天堂株式会社 (韓国)

 

という事でいろんな国にあるんですね。

そして、いや-すごいな~本当にとおものが、これ!

従業員さんの数!

これだけの人の生活を任天堂さんは支えていると思うと本当にすごいと思います。

 

連結社員数 5,458名(2017年9月末現在)
単独社員数 2,189名(2017年9月末現在)

 

 

こういう事をみて、いろんな人が、未来に希望をもって頑張れる世界になって・・いる?かな?