うまい棒10000本小学校に寄贈!心温まる事はもっともっとたくさん出てきて欲しいね。

いやぁなんともほっこりする記事がヤフーに出ていました。

なんでも、さいたま市にお住いの男性が、先月という事だから2018年1月に、駄菓子のうまい棒を10000本をプレゼントしちゃったって話し!

 

体育館で舞台の緞帳が開くと積み上げらら得たダンボール17箱が現れたときに全校児童約250人からきゃーとかすごいとか歓声が上がったらしいです。

 

小学生って言えば、お菓子とかは基本学校ではタブーでしたよね。

登下校で、買い食いももちろんダメ。

というのが多いのではないでしょうか?

 

そういう、普段ダメっていうのが、ドドーンと17箱並んでいたらそりゃテンション上がりますよね。

 

 

そして小学生の頃ってこういうイレギューラーイベント楽しかったですよね。

 

当時は、大人たちが大変な思いをして対処していた、台風とか、大雨とか、あと、はインフルエンザとかの学級閉鎖とか・・

 

 

ちょっと話しがそれてしまいましたが、

 

・コーンポタージュ
・シュガーラスク
・ピザ
・やきとり
・チーズ
・めんたい
・とんかつソース
・エビマヨネーズ
・サラミ
・チキンカレー
・たこ焼
・牛タン

という種類を寄贈という事みたいです。

 

というか、牛タンってこれほんとうにあるの?

すごいね。

桐生大輔さん(41)という方が寄贈されたとのことで、しかも元々この方が買ったというわけではなく、墨田区の企画の動画コンテストの賞品なんだそうです。

 

そしてその賞品も実はうまい棒だけじゃなくて、

いろいろあったようです。

 

それがコレです。

・ブタの落としぶた100頭分
・消しゴム1000個
・うまい棒10000本
・東京スカイツリーの天望デッキ内にあるスカイレストラン634にグループで招待

 

豚の落し蓋・・・
消しゴ・・

いや、この賞品を用意していた墨田区もまぁまぁのやり手ですね。

 

 

そして、結局うまい棒10000本を選択してそれをまるっと、同じ企画に参加していた小学生が居たという事がキッカケという事みたいですね。

 

 

しかも、贈呈式というのが恩着せがましいと思って式は辞退するというのがなんともかっこいい。

 

 

ただ、そこを、小学校の校長先生が、ぜひにという事でこの贈呈式が開催されることになったみたいですがその考えもいいですよね。

 

 「本校は外国と関わりのある児童が多くいます。そんな児童たちが街の魅力を探して作った動画を評価してくれた人がちゃんといた。そのことを児童に実感してもらいたかったのと、物をもらっておしまいではなく、本物の人とのつながりを感じてほしかったんです」

 

こういう、大人が居るというのはなんかいいですよね。

 

この子供達も大人になれば否が応でも社会の厳しさを目の当たりにする殺伐とした世界に見えることもあると思うんですが、こういう体験をして、何かこう頑張って欲しいなと思ってしまいました。

 

世の中はこういう綺麗事だけでは進まないのは間違いないのですが、痛ましい事件とかの話しなどがニュースに載るよりはこういうニュースだと心が大人になる(汚れてる)私もなんだかちょっと心が洗われたような気がしますね。

 

 

 

 

 

任天堂の売上がすごいという事でそのうちどれくらいがお父さんの財布から上がってるんだろうか?(笑)

もはや、花札を売っていた頃や、ファミコンの時から比べたらもう桁が面白い事になってきました。

 

任天堂さんカッケー

 

京都新聞の情報によると、任天堂が1兆200億円の売上だそうです。

とは言っても、売上業績予想で、しかも連結での計算みたいですけどね。

それでもすごい。

 

いやもう兆っていう言葉、海外とかも含めるとよく聞く話になってきましたね。

 

ただ、任天堂がそうなっているとは思いませんでした。

 

といいつつ、任天堂スイッチ買っちゃいましたけど。

 

はい。そうです。息子の為に買いました。

 

この兆の中に3万前後は私も貢献したということです。

 

それにしても、この任天堂ってすごいですね。今までにいろんなゲーム機出してきましたが全部が当たってるわけじゃなくて、さんざんな状態になったハードもあった中でこうなったというのがすごいです。

 

ゲームソフトもゲーム機本体も、そしてキャラクターも人気になっているという事で、もう無敵じゃないかなと言うかんじではありますよね。

 

個人的には、スイッチのコントローラーとかにものすごい不満はありましたけど・・・

 

スーファミとかの時代の様に●●ボタンっていう名称でそれぞれのボタンの事をなんて言っていいかわからないのがちょっとアレでした。

 

ちなみに、任天堂っていろんな関係会社があるみたいで、公式サイトによると、

任天堂販売株式会社
エヌディーキューブ株式会社
マリオクラブ株式会社
任天堂ネットワークサービス株式会社
1-UPスタジオ株式会社
株式会社モノリスソフト
株式会社ポケモン
株式会社ワープスター
Nintendo of America Inc.(アメリカ合衆国)
Nintendo of Canada Ltd. (カナダ)
Nintendo of Europe GmbH (ドイツ)
Nintendo France S.A.R.L. (フランス)
Nintendo Benelux B.V. (オランダ)
Nintendo Ibérica, S.A. (スペイン)
Nintendo Australia Pty Limited (オーストラリア)
韓国任天堂株式会社 (韓国)

 

という事でいろんな国にあるんですね。

そして、いや-すごいな~本当にとおものが、これ!

従業員さんの数!

これだけの人の生活を任天堂さんは支えていると思うと本当にすごいと思います。

 

連結社員数 5,458名(2017年9月末現在)
単独社員数 2,189名(2017年9月末現在)

 

 

こういう事をみて、いろんな人が、未来に希望をもって頑張れる世界になって・・いる?かな?

 

 

 

求人倍率が上がることは良いけど、子育て世代にももっといい話が欲しいとおっさんは思うよ

2018/1/30のヤフーニュースの中に朝日デジタルが配信元の情報として、

2017年平均の有効求人倍率は前年比0.14ポイント上昇して1.50倍となったという事で、なんと1973年依頼44年ぶりの水準ということで、厚生労働省が30日に発表したようです。

 

まぁ、1973年と比較してもうーん?よくわかんね?

44年も前と比較する必要性があるのかなとも思います。

 

って感じますが、まぁそれでも2017年の平均よりも上がったって事で、まぁ今年の求人に関しては幸先がいいかんじじゃないでしょうか。

 

いろいろ、不安な材料もゼロではない感じですがそれでも、こういう若者が希望を持てる求人倍率が高くなっていくというのは良いことなんじゃないでしょうか?

 

中小の会社からしたら、人件費高いwwって悲鳴あげそうでちょっと心配ですが・・・

 

昔の超氷河期という言葉が懐かしい感じですが、もう二度とそういう言葉は聞きたくないですよね。

 

 

あっ・

ヤフーコメント見たら、私と同じ意見の人もいますね。

 

私が住んでいる田舎だと、まだまだ、こういう恩恵はあまり感じないのですが、知り合いの経営者などに聞くと、数年前の時給でバイトを募集しても集まらなくなってきたという話しはよく聞くので、人が足りないという状態が強くなってきているという事だと思います。

でも、肝心の会社や商売をしている小さなお店が、その恩恵を受けれてるかというと、相変わらず、消費者の財布の紐は硬いイメージがつよいですね。

 

そんな感じの話しから、唐突ですが、今って、だいぶ昔から比べると、生活様式が変わって核家族化が進んでいる状態で、例えば両親と子供2人 という状態がおおかったりしますよね。

まぁその大変さは、子供の状況でも大きく変わると思いますが・・。

子供がまだ、保育園に預けれるかどうかという子供だと、母親はほぼつきっきりになるので、労働力としての戦力にはなれません。

 

また、移動手段としての車がある場合はいいのですが、それが無い場合などは、母親が行動できるエリアや活動範囲が著しく狭くなりかなり厳しい状況になるのではないでしょうか?

 

 

未満児や3歳まであたりだと、とにかく言うことを聞いてくれません。

聞いてくれないというよりは、言葉が通じないのでしょうがないのですが、その小さな子供が起こすイレギュラーというのは、父親が働いている時に起こるイレギュラーなどとはちょっと毛色が違い、唐突で、中途半端に手を取られ、そして頻繁に起きる。

働いている父親であるお父さんが楽で子育てをしている母親が楽という事ではないのですが、

 

イレギュラー度で言えば圧倒的に未満児の育児をしている母親になると思います。

 

これが、保育園や、幼稚園などしっかり預けれる場合は、すこし下がりますが、それでも、やや母親側が大変な気がします。

 

それは何故かと言うと、行っている事の属性が、あまりにも、多方面に広がるからです。

 

育児に関わる食事、教育、しつけ、トイレのしまつ、お風呂の対応、そして唐突な夜泣き。容赦ない夜泣き。

その上で、家族の料理、家族の好みに合わせた料理作り、家の掃除、片付け、保育園への対応、生活する上での生活費は当然限られているので、何を買うのか?

何処で買うのか?、そこまで行く移動手段は?、行ったほうが節約になるのか?ならないのか?、料理の腕にもその具材を調達する考え方の範囲も関わってきます。

そういう意味で言う料理の腕を上げていく事も・・・

そして、保育園に通わせている間はパートに出る。

そしてパートとは言っても、責任の所在が正社員にあるだけで、行っている業務そのものは正社員と変わらなかったり、覚えたり対応する分は正社員と同じだったりとう事もあります。

そして、社会保険へ加入してまで、長い時間働けるかと言えばそもそも保育園に子供を預けている時間であれば、まともに働けたとしても、6時間程度ではないでしょうか?

そうじゃないと、買い出しや、料理の準備など、育児ではない、家事は到底行なえません。

 

 

もしこの時に、核家族ではなく、母親側の両親、または父親側の両親などが居れば、料理は頼んだり、保育園のお迎えなどはお願いしたりなどが可能になったりします。

(最近ではそういう感じで送り迎えなどの車の運転で危ない運転になってしまう高齢者や、コンビニに突入してしまうなどが社会問題化してきている面もあるので必ずしもそれがいいというわけでは無さそうですが・・)

 

子供に手が取られて忙しいというのは、変なことをしないかをずっと見ておくという事があったりするのもあるかもしれません。

 

例えば、今仕事で、パソコンでキーボードとマウスで操作をしている時に、5分毎にマウスがどっかにいってしまって、それを探すのに毎回5秒かかるみたいなことが、起きてると想像してみてください。

仕事に関しての思考が続かないでしょ?

じゃあパソコン使わずにやるわって場合でも、使ってるペンがちょいちょいつかなくなるとかがずーーーーっと続くと考えてみてください。

 

小さな子供の育児をしている母親はそれをずっと子供からやられながら、ニコニコしながら、対応したりしてます。
(超怒った顔する母親も居ると思いますが・・・)

 

 

こういう事を書くと、男が働くことが大変に決まってるだろアホンダラ!と言われたりしますが、別に男が働くことが大変じゃないとは言っていないんですね。

男性でも多岐にわたる種類の仕事に従事している方もいらっしゃるとは思いますが、

その方は、まぁ言い方は悪いですが、転職して新しく踏み出す事は可能だと思います。

こう言うとまた、そんな簡単に転職なんか出来るわけねーだろ。

 

と言われそうですが、可能性として行動すれば可能かどうかという意味で言えば可能なはずです。

 

ですが、母親は、突然起こる夜中2時くらいの夜泣きから逃れることは出来ません。

もしかしたら、その夜泣きが、体調不良なのかもしれない・・

さらには、放置して寝ていたとしても、鳴き声がエスカレートしていくと、一緒に寝ている父親やもう少し大きい子供も不快に感じたりするんではないでしょうか?

 

そして、ちゃんとあやせよ子供をそんなに泣かせるなよ。

と思うでしょう。

でも、小さな子供とは本来そういう風に泣いたり泣かなかったりというイレギュラーを常に内包しているのが子供です。

 

それを、母親にだけ押し付けて、朝も早くご飯作ったり、洗濯したりして、さらには外にパート・バイトに行って稼いでくれるというのは、本当にすごいと思います。

 

という様に、男側ではありますが、オッサンは、母親側の方が、疲弊する要素がとても多いのではないかなと思ったりします。

 

とくにオッサンは、1つの物事から付帯することならなんとかこなすことが出来ますが、時間が区切られていて、育児と家事とパートという、属性がかなり違うことを行う自信はありません。

 

 

今日の話しの有効求人倍率が良くなっているという話しもいいのですが、できれば、こういう今就職活動をしている人、最近就職して働いている人が、いつか結婚して、子供が生まれた時に、こんなはずではなかった、と悲しい話しになったりしない世の中になって欲しいと、オッサンは思います。

 

あー、なんか偉そうなこと言ってますが、オッサンも、男が働くことがエライ的な頃もあったんで、お前が言うな的な感じなんですけどね。

そいじゃまた。